FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"ぜんぶ無調" Music Pandora and Friends

M3-2015秋で頒布。テーマは「長調、短調、及びその派生音階」に依存しない楽曲、という。全10曲、プレスCD。
singular edits banner

仕切りはM3でも貴重なアカデミックなクラシック系のサークルの一つ、Music Pandora。同人音楽の基本に戻り、複数メンバーでCDを作るコンセプチュアル・コンピレーションのの第三弾となる。
M3-2014秋「ぜんぶ変拍子」、2015春「ぜんぶ共作」に続く作品だ。

Music Pandora主宰者以外はロック的なアプローチを取ったりするため、純現代音楽な盤は叶わないのだが。一つのテーマをめぐる、さまざまなアイディアを複数の作曲家で構築するスタンスは、同人音楽ならでは。

無調は前述のとおりの定義。楽典に詳しくない耳からすると、これって無調なの?と思う場面もしばしば。あからさまなセリーや小難しい響きに縛られず、無調の縛りを最大限に活用した作曲が楽しい。

テクノやノイズまで広がり、ロックからクラシックまで。さまざまな無調の楽しさを味わえる。ライナーに一行解説もあり、なんとなく作曲者の狙いが分かった気になるのも面白い。いや、ほんとのところは理解できてないんだが。

おそらく次のコンピで、Music Pandoraは別のアイディアを投入してくるとは思う。
しかしこれほど面白い無調音楽の第二弾も、何らかの形で継続してほしい。

スポンサーサイト

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
CD (28)
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

letme

Author:letme
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱


無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。