FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPとジャズと聴覚ポイント

TPPの施行で引っかかってたのが、著作権保護期間の延長。50年から70年に延びるらしい。
来年は江戸川乱歩や谷崎潤一郎が没後50年越え。とはいえ施行と法の不遡及原則だと、この二人辺りはパブリック・ドメインになってしまい、2018年に切れる山本周五郎あたりが70年化に引っかかるようだ。
http://matome.naver.jp/odai/2142292063819984801

「気に喰わん!」と以前はぶつくさ言ってたが、冷静に考えると出版が禁止になるわけじゃない。青空文庫みたいなとこで、著作権切れのタダで読めないってだけ。金だしゃいいんだ。図書館行っても良い。「無料で読めない!」ってのは、なんかビンボくさいから、文句言うのはやめることにした。
それよりも電子書籍化を進めて欲しい、かな。最近は。重たいし老眼だしで、字をデカくできる電子書籍のほうがありがたくなってきた。

ということで、ジャズの話に変わる。著作権の絡みなのか、このところは超廉価のMP3音源がAmazonやらで手に入るし、数年前からLP8枚分をCD4枚組みたいな廉価盤ボックスも欧州でドバドバ出てる。
廉価で手に入るのは嬉しいが、やはりありがたみは薄れる。音質とか解説とかLPやCDをちみちみ買った世代だと、引っかかるところもある。

だがジャズはLPシーケンスか、録音順か。最近、この聴き方で遊ぶようになった。拘る、ってほど厳格にはしてない。適当に聴く発想というか聴覚ポイントを変えたくらいだ。だから、「遊ぶ」と表現する。
聴覚ポイントってのは「視点」の聴く版を指す。「聴点」でもいいが。定義づけの最中なので、これも飛ばす。

ここでは録音順とLPシーケンスで見てみる。例は・・・なにが良いかな。マイルスのマラソン・セッションでいいや。
プレスティッジの契約消化のため、マイルスは数回の録音でLP4枚分を吹き込んだ。今まではLP単位で聴いてきた。これをセッションに分けて聴こう、ってこと。

なぜある日のセッションから複数のLPができたのか。
例えば"Steamin'"は56年5月11日と10月26日の録音からなる。
http://www.plosin.com/milesAhead/Disco.aspx?id=Steamin-LP1
しかし5月11日は14曲のテイクが録られた、らしい。
5曲が"Steamin'。6曲が"Workin'"。2曲は"Relaxin'"に振られた。
http://www.plosin.com/milesAhead/Sessions.aspx?s=560511

廉価盤でまとめて手に入れたら、LP単位じゃなく録音日別に、まとめて聴くのも面白いな、と。というのも、廉価盤を手に入れてMP3のタグを弄ってると、LP順に収めてるときに、座り悪いことがあったせい。タビー・ヘイズの4枚組は、録音とLPが入り乱れて、わけがわからない。

あと、ほんとに録音日とLPを見比べてると取捨選択の基準や選択権が興味出てくる。誰がどんな判断で、テイクを選んでLPに仕上げたんだろう。

LP時代は物理的に、あれこれ曲順を変えて聴くのはめんどくさかった。CDはプログラム機能が最初こそアピールされたが、長時間ぶっ続けで流せるから、さらに曲順を変えて聴くってのをサボってた。
PCオーディオに移行し、曲順がほぼ意味をなさなくなった今、改めて違う聴き方も面白いな、と感じ始めた。

というのも、さっきジャッキー・マクリーンの"Strange Blues"を聴いてて、どうにも座りが悪かった。この盤、冒頭のズルズルしたサックスの吹き方が馴染めない。なんで聴き手にもてはやされるのか、とライナー見て思った。一曲目の録音日は、たしかに他に溌剌とした演奏した日かもしれない。だけど本盤のテイクって、没じゃないの?と。
長くなるので端折るが、つまりLPシーケンスに留まらない聴き方をしたくなった、と。そんな日記でした。

ここではモンクのAmazon廉価盤の話までつなげようと思ったが、それはまたいずれ。しかしモダン・ジャズのMP3音源は、ほんと変なリリースがある。わざわざ買って、聴き比べまではしないけど。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
CD (28)
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

letme

Author:letme
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱


無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。