FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市回遊のための音楽 ⅩⅡ

淡々と電気仕掛けのダーク・アンビエントを発表し続けるべテラン、Materia-Rhythm。彼のサークル、東京近郊風景がM3-2015春に発表した、新譜2枚のうちの1作がこれ。M3にて連綿と発表し続けるシリーズになる。

今回もアイディア一発、60分一本勝負のストイックなアプローチだ。ジャケット無しのCD-R。デモ音源はこちら。

半年くらい前からMateria-RhythmはYoutubeに旧作含めた自作を、頻繁にアップロードしている。30年以上にもわたる活躍で、膨大な作品はほとんどが入手不可能だ。だからYoutube駆使したアーカイビングは本当に有難い。
(週刊マテリアリズムの"2004年以降の作品も順次公開"も秘かに楽しみにしてる・・・いつだろう?)

さて、本作。Youtubeのクレジットに、Koan Pro V2.6 PEを中心に作曲とあった。このソフト、初めて知った。確率理論的に打ち込みを変貌させるシーケンサーの一種で、初期モデルはブライアン・イーノも使用したそう。

本作の耳ざわりはメカニカル、かつ吹き寄せる風。ざわざわと蠢くざらついた空気が、前面に熱く垂れた広がりの奥で泳ぎ続ける。ごくわずかのメロディや和音感が、浮かびかけては消えていった。

一時間の、心地良くもほろ苦い幻夢。

音の中心は、鈍く中央で鳴る球体か。みりみり軋む金属質のドローンか。わずかにメロディアスな、静かな断片か。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
CD (28)
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
RSSリンクの表示
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

letme

Author:letme
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱


無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。